アクセスランキング

01位
Rプログラミング本格入門―達人データサイエンティストへの道― 
02位
統計的自然言語処理の基礎
03位
カメムシの母が子に伝える共生細菌―必須相利共生の多様性と進化― 
04位
速習 強化学習―基礎理論とアルゴリズム― 
05位
グラフ理論とフレームワークの幾何
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • 教科書献本のご案内
  • facebook
  • 構造計画研究所

一般線形モデルによる生物科学のための現代統計学―あなたの実験をどのように解析するか― 

書籍情報
ISBN978-4-320-05639-8
判型B5 
ページ数350ページ
発行年月2007年01月
本体価格5,000円
一般線形モデルによる生物科学のための現代統計学 書影
一般線形モデルによる生物科学のための現代統計学

この本は,一般線形モデルを使ったデータ解析の基本的な原理をわかりやすく解説したものである。生命現象を扱う研究では,生物データに含まれる信号と雑音を分離し,信号部分の信頼性を共通の尺度で評価することは,結論を下すための必要な作業である。これを行うために,これまでt-検定,分散分析,重回帰分析等,様々な統計解析が開発されてきたが,一般線形モデルはこれらをまとめた統計解析であり,一つの概念体系の下で統一的にすべての解析を行おうとするものに他ならない。今日多用される様々なコンピューター統計パッケージソフトでも,このような個別の統計解析を異なる形式で取り扱っていたのは過去の話であり,すでに一般線形モデルの概念体系に従った共通のモデル式や命令文を基にしたやり方が標準的に整備されてきている。よって生物を材料にした卒業研究を予定する学部生,また大学院生,プロの研究者・技術者にとって,一般線形モデルの基本的な原理を学んでおくことは,自分のデータの統計解析のために欠かすことができない研究の一部であるといえるだろう。その点本書は,一般線形モデルについて,基本的な原理から始めてその応用的な取扱いまでを,わかりやすく丁寧に解説した教科書であり,入門書として最適である。本書の特徴の1つとして,数学的証明よりもむしろ幾何的な類似を用いて分散分析や回帰分析における変量の分解を説明している点は,数多くの統計学教科書の中でもユニークであり,特別な理解のしやすさを与えている。各章末に練習問題,巻末にその答えが丁寧に掲載されている。また,ウエップサイトに挙げられた補足では,Minitabをはじめとした主要な統計パッケージに対応した説明や練習用データも用意されている。

目次

なぜこの本を使うのか

第1章 分散分析への招待

第2章 回帰

第3章 モデル,母数,GLM

第4章 2つ以上の説明変数を使う

第5章 実験の計画-簡潔に行おう

第6章 連続型変数とカテゴリカル型変数を混在させる

第7章 交互作用-もっと複雑なモデルを扱う

第8章 モデルの検査I:独立性

第9章 モデルの検査II:さらなる3つの仮定

第10章 モデル選択I:モデル選択の原理と実験計画

第11章 モデル選択II:複数の説明変数をもつデータセット

第12章 変量効果

第13章 カテゴリカル型データ

第14章 さらに向こうにあるもの

第15章 練習問題の解答

復習 統計の基礎

付録1 p値の意味と信頼区間

付録2 標本平均の分散に関する解析学的な結果

付録3 確率分布

参考文献
索引

関連商品

生物学のための計算統計学―最尤法,ブートストラップ,無作為化法― 

  • ISBN:978-4-320-05714-2
  • 判型/ページ数:菊 / 430ページ
  • 発行年月:2011年03月
  • 本体価格:5,500円

人間を含めて生物のデータは様々な形式で与えられ,また誤差も大きいという特徴を持っている。このような生物データを解析するために,これまでANOVA,回帰などの古典的な統計方法をはじめとしていくつかの方法・・・

生物学のための計算統計学 書影
生物学のための計算統計学

生態学のためのベイズ法

  • ISBN:978-4-320-05678-7
  • 判型/ページ数:菊 / 332ページ
  • 発行年月:2009年03月
  • 本体価格:4,500円

ベイズ法は,生態学が扱うような様々な形式をもつデータに対して,柔軟に対応する統計方法である。その点,ネイマンやピアソンらの確立した頻度主義的統計学のように,方法の形式に合わせてデータを採集しなければな・・・

生態学のためのベイズ法 書影
生態学のためのベイズ法

統計学:Rを用いた入門書

  • ISBN:978-4-320-01857-0
  • 判型/ページ数:B5 / 362ページ
  • 発行年月:2008年05月
  • 本体価格:4,300円

 全編を通じて初等的かつ丁寧に書かれている。その内容は,まず実験解析の基本を押さえ,データ解析における平均・分散の役割を十分に確認し,分散分析,回帰・重回帰,共分散分析へと進み,一般化線形モデルの取り・・・

統計学:Rを用いた入門書 書影
統計学:Rを用いた入門書